キッチンの後片付け、イライラしませんか?「スポンジ」と「ふきん」の深追いやめました

a0960_002395

キッチンで「モヤモヤ」を感じる原因を探ってみると、食器以外にもいくつかの事が浮かび上がった。

その大きな一つが、「後片付け」のこと。

スポンサーリンク

キッチンで使うスポンジとふきん、使い捨ては効率的??

お弁当や水筒を洗うという事もあり、いつも夕食片付け終了後のキッチンがザワザワした感じなのだ。

そして、シンクはきれいに磨いても、脇にあるスポンジが気になっていた。

連休前までのキッチンで後片付けに使う消耗品は、

・スポンジ3個(食器用、鍋用、排水溝用)

・ブラシ(鍋の汚れ落し用)

・台拭き(不織布ダスター)

・ふきん(長方形のキッチンクロス数枚)

基本的に食器は食洗機で洗っているが、鍋やお弁当箱などは手洗い。

去年、台拭きは不織布ダスターに切り替えて1日使い捨てにしたら、とてもラクになった。

スポンジを3個使うのは、夫の実家方式。

でも、実はこれがプチストレスになっていた。

スポンジは使い捨てにしていないから、常に3つがシンク周りにある。

それぞれ、使用後は良く洗ってあるが、何とも「モヤモヤ」なエリア。

夫の帰宅が遅い時は、本人にお弁当箱を洗ってもらう。

夫は、3つのスポンジで育ったから、1つのスポンジでは嫌だと言う。

その気持ちは、分からないでもないが常に3つのスポンジは本当に必要だろうか?

3人の食事の片付けに、こんなに道具はいらないのでは?

ならば、トライしてみるしかない!

連休初日に、「全て毎日使い捨て」にしてみようと思って、安いスポンジセットを買ってスポンジ1個生活を始めてみた。

ブラシも古くなっていたので捨てた。

代わりのブラシは買わず、1つのスポンジで済ませてみる。

うーん、スポンジだけだとカレーの鍋は洗えるけど、その後は何にも使えそうにない。

それに、すぐへたってしまい、確かに1日しか使いたくない。

でも、その時、思った。

「排水溝用スポンジ」はいらない、な。

1日使ってへたったスポンジで排水溝掃除をしたら処分できる。

できれば、シンクにはスポンジ1つで、使い捨てにしてみたいものだが、鍋洗いは料理によってはちょっと1つではどうだろうか、、。

今まではしっかりしたタイプのスポンジを使っていた(1個150円位)

ダスターが、10枚300円位だったと思う。

このパターンで使い捨てにした場合、スポンジとダスターで1日180円。

1ヶ月では、約5400円。

なるほど、結構なお値段になる。

そして、全くエコではない。

値段を取るか、便利さを取るか、はたまた「モヤモヤ」を消す事を優先にするか。

とりあえず、買ってしまった安いスポンジを使いきってから、どうするかまた方法を変えてみたい。

キッチンクロス(皿拭き用)は、布製の長方形のタイプ。

これは、特に可もなく不可もなく、同じお店でいろんなデザインを買って使っている。

サイズが同じだから、畳んでしまうのも何も考えなくていい。

スポンジも、ふきんも、洗剤も、

キッチンの消耗品にこだわっていくときりがなくなる。

今は、素敵なデザインを追うよりも、ストレスなく後片付けが出来る事が大切。

スポンジ1つ生活は、スポンジ3つ生活よりもちょっと不便。

でも、とってもすっきり。

深追いしないことも、大切だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク