秋から冬へのワードローブ(8)昨冬はロングブーツ1足で過ごしたけれど、今年はショートブーツを追加しよう

週末に、下駄箱の片付けをした。

すっかり寒くなったので、靴も秋冬用に切替え。

家族の靴も減ったり増えたり。

スペースは限られているのは家族も理解しているようで、秋冬用に切替えても、きっちり収まった。

スポンサーリンク

下駄箱掃除をしながら自分の靴を見直してみる。場所を取るブーツはロングとショートが揃っていればコーデの幅も広げられる

私の靴は、夏用のパンプスを1足処分。

右足のかかと部分に擦れて当たる場所ができてしまった。

十分活躍してくれたので、潔くお別れした。

もう1足、春から夏にずっと履いている合皮のバレエシューズの処分に迷いながら、下駄箱のお掃除。

時々掃除をしているけれど、かなり汚れていた。

天気の悪い初秋だったから、靴の切替えも伸ばし伸ばしに。

これで、気持ちもすっきり。

気温も下がって、秋冬カラーの靴達にこの冬も頑張ってもらおう。

冬と言えば、「ブーツ

女性は平均何足ぐらいブーツを持っているのだろうか?

私は昨秋、2足から1足に減らし、ブーツ1足で一冬過ごしてみた。

8月最後の週末に、下駄箱の片付け2回目に着手した。 一気に片付けたい所ではあるが、 まだ季節の変わり目、...

1足だけ残した茶色のロングブーツは、とても履きやすく気に入っている。

黒いロングブーツを処分したけれど、何も困らず過ごせた。

しかし意外なことに、茶色のロングブーツをヘビロテするかと思いきや、昨冬はあまりロングブーツを履かなかった。

一番の原因は、1月下旬の急な腰の不具合。

腰も痛かったけれど、むくみもずっと続いて、長時間ロングブーツが履けなかった。

むくみのせいか、パンツよりスカートを着ることも多くなり、ブーツではなく脱ぎ着のしやすいパンプスばかり。

今期は、もう腰は痛くないが疲れるとすぐ足が浮腫んで張ってしまうのが悩み。

ロングブーツの出番は少なそうだけれど、やはりブーツは1足欲しい。

足が疲れず、多少むくんでも足首に負担がなく、スカートでもパンツでも合うショートブーツが欲しいと思うようになった。

「ショートブーツ」にもいろんな種類がある。

あれこれ見たり探したり、まだぴったりのショートブーツには出会えていないけれど、欲しい形はどんどん頭の中で明確になっている。

トップの画像のブーツの形が、今欲しいと思っている形だ。

ソールがあるから歩きやすそうで、ぺたんこでないからお出かけスタイルでもいい。

足首にゆとりがあり、浮腫んでも痛くないような構造。

写真のブーツはエナメルのようだけれど、私は光沢がない方が好みかも。

「短すぎず、ヒールが少しあって、歩きやすく締め付けすぎないショートブーツ」

今、欲しいのはそういうブーツ。

できれば今年中に見つけたい。

沢山試足して、自分にぴったりのショートブーツを探そう。

セールに惑わされず、欲しい物のポイントを忘れない、そういう買物ができたらと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク