【旅と片付け】旅先で取り出しやすく、帰宅後も片付けしやすい荷造りの大切さ

※当ブログ記事にはプロモーションが含まれています

N758_yorunohikoujyou-thumb-1000xauto-14211-min

 

家族で帰省や旅行に行くと、「荷作り&荷解き」という難関がある。

 

たった数日間でも、よく考えてから荷物を準備しないと、大変だ。

 

 

既にミニマムな暮らしをされている方の旅荷物は美しい。

 

コンパクトでそつがなく機能的。

 

何より持ち物が少ない。

 

そんな旅支度が出来るようになりたい。

 

残念ながら私の荷物はまだ多い。

 

 

それでも今回の夏旅の荷物は、

家族の中では私が一番コンパクトだった。

 

今回は、荷作りする数日前から旅荷物について計画を練ってみた。

 

 

スーツケースに袋で区分して詰め、

旅先で取り出しやすいよう、

帰宅後に片付けがどうやったら楽に終わるかも考えた。

 

 

旅の片付けは、楽しいものではない。

一気に現実に戻ってしまう作業だ。

 

 

だから、あれこれ考えずに、取り出しやすい分類にして、

元の位置に戻せるようにとも考えた。

 

 

2年前にも北海道を旅した。

その時より「荷作り&荷解き」は、だいぶ改善できたと思えた。

 

 

家族の旅行は、子供の成長と共に、荷物の量も変わっていく。

 

我が家の息子は、もう高校生。

荷物は確かに少なくなった。

 

 

でも、あと何回一緒に旅ができるだろうか?

 

 

もしかしたら、帰省以外の旅行は、今回が最後かもしれない、、。

あと僅かな機会なら、快適な旅を家族で楽しみたい。

 

そう思いながら、旅の支度をした。

 

帰宅してからも、

何事もなく、家族でゆったりした時間を共有できたことが嬉しかった。

 

だから、旅の終わった後の荷物も片付けしやすい方法にしておきたかった。

せっかくの旅が、荷解きで嫌な思い出にすり替わらないように、と。

 

私の旅荷物は、これからもどんどん変わっていくだろう。

少なく、ミニマム、そしてシンプルに。

 

でも、もうしばらくは家族の荷物とお付き合い。

 

今週は、息子の部活の合宿だ。

さあ、また荷造り!

 

その都度、その都度、改善していけばいい。

1つずつでも、コンパクトな旅荷物に。

無理せず、ゆっくり、自分流でもいいから。

タイトルとURLをコピーしました