【真夏の5分片付け】モヤモヤした気持ちを、少し整理してみる。

真夏の5分で出来る片付け、物ばかりでなく今日は「気持ち」に向けてみよう。

夏前に抱えていたこと、現在の悩みや心配、そして秋以降への迷い、など。

心の中に、誰しも「モヤモヤ」した気持ちを抱えている。

その「モヤモヤ」が予想以上に厄介なのだ。

「モヤモヤ」は、すぐ解決できなかったり、一人ではどうにもならない事で発生することが多いからだろう。

人間関係、スケジュール、家族、健康、お金、時間、、、。

モヤモヤはどんな所からでも湧き出てきて、なぜかパッと消えてくれない。

パッと消えた時は、自分の中で何かが解決に向かった時だ。

どちらにしても、一度発生したモヤモヤは勝手に消えてはくれない。

モヤモヤは、小さいし危機感は少ないからモヤモヤなのに、なぜか心を締め付ける。

最初は気づかないほど弱い力なのに、時間の経過とともに深い場所までモヤモヤが浸透する。

心のモヤモヤは、本当にモヤモヤなのだ。

変な言葉に聞こえるかもしれないけれど、モヤモヤがあるためにせっかくの夏期休暇もすっきりした気持ちで過ごしていない人だっている。

夏は、一時、体も心も休ませてあげよう。

秋から冬へ、まだまだ頑張らなければならないから。

そのためにも、真夏の事の時、たった5分でいいから、モヤモヤと向き合ってみよう。

モヤモヤは、5分では消えないけれど、

頭の整理をすることで、モヤモヤを分類することができるのだ。

まずは、自分の心に正直に問いかけて「モヤモヤ」をピックアップしてみる。

誰に気を遣う必要はない。

嫌いなこと、嫌なこと、心配なこと。

たくさんあると思っているモヤモヤをピックアップしておおざっぱに分けると意外に小さく分類できる。

私も、先日モヤモヤをピックアップしたばかり。

モヤモヤは10個ぐらいあるだろうと予想してみたのだが、最終的には3つだと分かった。

3つだと分かった瞬間に、モヤモヤが少し薄くなって、モヤモヤ解決の方法を考えようと頭が動きだしたのだ。

人間の脳は、本当に不思議だ。

一度でも疑問を投げかけたら、脳はその答えが出るまでずっと考え続けるそうだ。

頭の片隅に悩みがずっと取り付いている、という感覚は錯覚ではなく科学なのだと知って驚いた事がある。

だから、モヤモヤは5分では解決しない。

でも、あえてモヤモヤを頭の中で整理整頓してみることで、考え方や見方を変えられる。

ピックアップは、頭の中だけでも、文字にしても、どちらでも。

すべきことが分かると、モヤモヤはきっと薄くなる。

すべきことをしてみると、モヤモヤはいつの間にか消えていく。

モヤモヤに5分向き合う事は、どんな場所でもできるけれど、

出来れば落ち着いた空間で、さらっと行うのがおすすめだ。

モヤモヤは、侮れない。

モヤモヤは、油断できない。

たった5分でも、それはきっと貴重な時間。

モヤモヤが何かを見つめれば、秋からの時間はきっと違う物になる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク