コンタクトをやめてメガネにしたら、物はもっと減らせるだろうか?

a0007_001212

私は40代前半から老眼が始まった。

最初は文字に焦点を合わせにくくなり、

それがだんだん進んで、

コンタクトをしたままでは、目が疲れて読書ができなくなってしまった。

私は本を読むのが好きだ。 特にミステリー小説。 ずっと公立図書館を利用していた。 今ま...

去年はコンタクトを二度も作り直し、それに合わせて中近両用メガネも作った。

それでも、万全と言える状態ではない。

この夏は、暑さが厳しいせいだろうか、目が疲れてコンタクトが辛い。

ずっとコンタクト生活をしていたが、そろそろ限界かもしれない。

最近は、裸眼で見る方が手元の小さい文字がはっきり見える。

近視の人は、老眼になると「近くを見る時にメガネが要らなくなる」、というのはこういうことなのだ。

今週は毎日仕事、毎日残業。

目も悲鳴をあげている。

だから、コンタクト無しで仕事をしている。

ちょっと不便だけど、近視用のメガネと裸眼で乗り切っている。

手元はメガネを外し、パソコン作業には近視用のメガネ。

メガネをかけたり、外したり、忙しい。

老眼は、遅かれ早かれ誰にでもやってくる。

加齢とはゆっくり付き合っていくしかない。

まだ老眼が進んでいる最中だから、新しいメガネを作るのはもう少し我慢。

私は、18才の時からコンタクトをしている。

コンタクトをするのが普通になってしまい、メガネをかけた顔には違和感がある。

そのうち慣れるだろうか。

やむなくメガネ生活にしてみたが、いいこともあった。

コンタクトを洗浄したり、保存液を使ったりすることがない。

朝も夜も、すごく楽だと分かった。

メガネ生活なら、コンタクトを買い替えたり、洗浄液さえいらない。

もし、本当にメガネオンリーの生活になったら、洗面所の棚にスペースができるだろう。

それもいいかもしれない。

コンタクト

ケース

洗浄保存液

小さい物だけど、

今までの毎日の生活に欠かせなかったものが、急に不要になっていくこともある。

年齢を重ねる毎に、こういう物が増えていきそうだ。

使えない物はやめるしかない。

諦めも大切。

年齢と共に、これからどんな変化が待っているのだろう。

裸眼で、針に糸が通るようになったのだから、悪い事ばかりではない。

小さな変化も年の功。

年を取るのも、悪く考えたらキリが無い。

自然に、流れに従って、

無理せず加齢と向き合っていこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク