「小さなバック」を愛用する友人たちの共通点

PP_coffetime-thumb-815xauto-12796

愛用しているバックは、どんな大きさだろう。

大きいバック?

小さいバック?

鞄(バック)はその人の暮らしと、関係深い。

スポンサーリンク

必要な持ち物が何であるか分かっていれば、バックは小さくても不安にならない

持ち物もミニマムにしていくと、鞄に入れる物を厳選していく事もできる、素敵だ。

私は、バックがとても好き。

もう、だいぶ数を減らした。

今は、好きな物を数点だけ持つようにしている。

数は増やさず買い替えをしながらバック選びを楽しんでいる。

私の友人に、小さいバックしか持たない人が2人いる。

1人は子供関係で仲良くなった友人。

素敵な奥様で、上質な小さい革のバッグを使ってる。

マチは少し広めだけど、どれも形は小さい。

彼女が大きいバックを持っているのを見たことがない。

ランチやお茶でお金を出す時には、小さいバックから小さい革のお財布が出てくる。

上質なバックはいつも手入れが行き届いて、柔らかそうな革の小さい財布から、丁寧にお金を出し入れする姿は、いつも見とれてしまうほどだ。

もう1人は、仕事関係で出会った友人。

彼女は、とてもおしゃれな人だ。
バックは小さく、個性的な素材やデザインを好む。

一点物のようなバックをいくつも持っている人。

バックのサイズはとても小さい

彼女のバックはマチが細めてスリムな物が多い。

二人は全く違うタイプの友人だが、彼女達の小さいバックにはいくつも共通点がある。

まず、必要な時はすぐ取り出せる、という事。

ガサゴソ、と探している姿は見たことがないのだ。

二人とも、ゆっくりとバックを手に取り、テーブルか膝の上で必要な物を取り出す。

この姿は、とても優雅で美しい。

彼女達は無意識にしているのだが、言いようのない素敵な空気感が流れる。

そして、バックに入っている小物類は、どこにでも売っている普通の物、だという事。

特別小さいサイズを持っている訳ではない。

彼女達の小さいバックからいろんな物が出てくる様子は、手品のようだといつも思う。

どこにでもあるような物が、彼女達のバックから出てくると、なぜか、特別なものであるかのように見えてしまう。

彼女達が、小さいバックでも大丈夫なのは、

多分、、

少ない持ち物でも、不安ではない、からだと思う。

必要な物は、小さいバックに入っている。

「必要な物」も人によって違うのだ。

自分に「必要な物」がわかれば、不安にならない。

何が必要かを理解する事は、片付けと似ている。

彼女達に会うと、私も持ち物をもっと減らせる気がする。

「必要な物」は、意外と少ないのかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク