秋から冬へのワードローブ(5)ブーツのお手入れしてありますか?ブーツクリーニングに出した話

※当ブログ記事にはプロモーションが含まれています

a0001_015156

 

冬の足元の大切なアイテムは「ブーツ」

 

ロング、ショート、形やデザインも流行で変わっていく。

でも、ベーシックな色や形のロングブーツは地味だけれど流行廃りない。

毎年必ず売っているし、良い物を買えば何年も履く事ができる。

 

私はアラフィフ世代だが、30代後半からは流行は追わずにベーシックなブーツ一筋。

ずっと黒と茶の革ブーツを2足を持つようにしていた。

何年かおきにどちらかを買い替えるような感じで、すっと同じベーシックな革のロングブーツ。

 

でも夏の終わりの片付けで、黒のブーツは処分した。

下駄箱の片付け(2) 秋に向けて靴を1足購入し、気持ちに片が付いた2足を処分した
8月最後の週末に、下駄箱の片付け2回目に着手した。 一気に片付けたい所ではあるが、 まだ季節の変わり目、様子見が必要だ。 先週、新しい靴を1足買った。 秋からは新しい気持ちで再スタートしたい気持ちもあった。 仕事にも学校行事にも両方大丈夫な...

 

今年の冬は残っている茶色のブーツ1足だけになった。

 

この茶色のブーツは、とても履き心地がいい。

1日履いていても疲れないし、沢山歩き回っても平気だ。

デザインも気に入っている。

そして、私の持っている冬アイテム全てに合う。

 

でも、昨年秋にブーツを箱から出してみたら、ちょっと「くたびれ感」が強くなっていた。

かかとは何度も修理に出しているけれど、つま先やサイドの擦り傷などが使用感を否めない。

何年も履いているし、その時は買い替えようと思った。

 

冬になる前に、ブーツをいろいろ探した。

デパートも靴屋さんも機会があれば立ち寄ってみたが、希望のブーツは見つけられなかった。

 

改めて、捨てようと思っていた自分のブーツを見て、やっぱりこれが好きだと感じた。

それで、靴の修理専門店でブーツのクリーニングを初めて頼んでみることに。

ただし、やはり値段は高い。

その時は割引サービス期間中だったが、クリーニング代は「1万2千円」

ちょっと勇気がいった。

なぜなら、私のブーツはセールで2万円以下で買ったものだから。

古くなった高価でないブーツに、本当に1万円以上をかける意味があるだろうか?などとも考えたりした。

 

1週間ほどで、ブーツのクリーニングは終わり、引き取りで確認に出された自分のブーツをみてビックリ!

まるで、新品のようになっていた。

店頭の実例写真は嘘ではなかった。

 

ただ洗うだけではなく、全体の色補正もしてくれる。

そして一番びっくりしたのは、ブーツの中が美しく生まれ変わっていた事。

中敷きも取替えてくれたそうだ。

専門店なら革のブーツも生まれ変わる事を見せつけられた瞬間だった。

 

おかげで、お気に入りのブーツは、益々お気に入りになった。

昨年の冬は、ブーツを履くたび気持ち良かった。

 

年末の友人達とのランチ会でその話をしたら、「その気持ち分かる!」と言われた。

自分に合った履きやすいブーツを探す事は、意外と大変なのだ。

その時はブーツを談義で盛り上がった。

みんなもいろんな失敗をしながらブーツ選びをしていたのだ。

 

そんな私の茶色のブーツは、今年も準備OK。

一応、もう一度クリームで磨いて、消臭スプレーもしておこう。

ブーツの出番は突然やってくる。

 

みなさん、今年のブーツの準備はできていますか?

少し早目にチェックしておくと、気持ち良く冬が迎えられますよ。

タイトルとURLをコピーしました