梅雨の憂鬱を感じたら頑張らない、それでも「元気の壺」は満ちていく

PP_madonomori-thumb-autox600-12574

雨続きの後、梅雨の晴れ間は貴重。

洗濯や布団干し、今できることに大忙し。

雨が続くと晴れの日の有難さが身にしみる。

そして、また雨の日々。

梅雨は明ける時がくる。

だから、憂鬱な雨もやり過ごせる。

スポンサーリンク

雨で気持ちが沈んだ時は、頑張らなくていい、ゆっくり時を待とう

ふと見ると、街路樹や道沿いの草木が雨のお陰で成長し、緑を広げていた。
広がっていく緑は美しい。

雑草でさえも、季節のパワーを感じささてくれる。

緑は梅雨の時に、たっぷり水を得て、根と葉を広げ、強い夏の日差しに備える。

私は雨の日が続くと、気持ちが沈んでしまう。

頭痛持ちには、この季節は辛い。
頑張ろうという気持ちはあっても体が付いてこない。

「やりたい事」と「やれる事」がアンバランスになって、余計な事まで考えてしまうからだ。

そういう時は、頑張らない。

元気の壺」が空っぽになっている証拠。

雨で貯まる水瓶とは逆に、「元気の壺」の中身は空っぽだ。

いいのだ、頑張らなくても。

「元気の壺」がいっぱいになれば、また頑張れる時期がくる。

だから、梅雨の憂鬱な日は頑張らない。

休むことで、元気の壺が満たされていく。

ここで無理したら、壺はずっと空のままだ。

「元気の壺」をたっぷり満たしてから、夏を迎えたい。

そのためにも、憂鬱な日は頑張らない。

頑張れる時が来るのを信じて、じっと待つ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク