雨の日は、形の無いものを片付けてみる

PP_ameninuretaajisainohana-thumb-autox1000-12785

梅雨、雨の毎日。

湿度も高く、やる気が出ない。

物の片付けをしても、中途半端になりがち。

そんな雨の日には、形の無いものを片付けてみる。

スポンサーリンク

雨の日の片付けは、形のない物に目を向ける

メールに目を向けてみよう。

スマホ、携帯、PCのメール。

毎日多くのメールを受信する。

でも、形の無いものだから、沢山残っていても普段はあまり気にならない。

削除してゴミ箱に移したと思っても、実はゴミ箱にそのまま入っているだけ。

ゴミ箱を「空」にしなければ、削除したメールは消えないから。

メールはゴミ箱からは勝手に消えることはないのだ。

メールの削除なら、形のゴミは出ない。

これなら短い時間でもすぐできる。

たった10通でもいい。

必要ないメールを削除してみる。

削除したら「ゴミ箱を空にする」操作も忘れずに。

「ゴミ箱を空にする」、これが結構気持ちいい。

10通削除すると、もっと削除したくなる。

送信メールから始めてみる。

自分の打ったメールなら要不要の判断がつきやすい。

受信したメールに対する返信は、思い入れも浅いから、さらっと内容を見て削除できる。

気分が乗ってくると、どのメールを手放しても大丈夫かな、と思えてくる。

雨の日に、ほんの数分、メールを整理してみると、気分がすっきりするから不思議。

メールは形のない物だけど、文章・言葉の集まり。

だからすぐ削除しにくい、そして気づかぬうちに溜まってしまう。

消すか、残すか、自分次第。

小さな事だけど、判断力を磨く練習になる。

雨の日の片付けは、形ある物にこだわらない。

形のない物でも、何か一つに手をつけてみる。

例えそれが、メールでもいい。

片付けへの気持ちを繋げる、それが大切。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク