収納するための収納用品が「片付け疲れ」を起こさせていたなんて。

4月になった。

桜も咲いたのに、気持ちが全然浮いてこない。

気分を切替えるためにもこの時期に片付けや断捨離をしたくなる。

でも、スッキリしたいという心とは裏腹に、体が動かない。

重い気持ちと体が気になりつつ、キッチンの収納棚を見直してみた。

スポンサーリンク

片付けるために使っている「収納用品」が片付けの邪魔をしていることがある

キッチンにある2つの棚に、缶詰・調味料ストック・乾物などを入れていた。

このところ忙しくて食事作りの段取りが悪い。

あれがあったはず、これがあったはず、と買い置き食材でやりくりする日も多かった。

その時、とてもイライラを感じた。

2つの棚には4つのボックスを入れて、引出してすぐ使えるよう工夫している場所。

今までも試行錯誤して自分なりに収納に時間をかけた所だ。

4つのボックスは区分して入れてある。

もう何年も同じ位置に置いてあるし、買い置きしている物も代わり映えのしない物ばかり。

それなのに、料理するときにボックスを引出しては、また戻す。

戻す時に、思いっきりため息をついている自分に気がついた。

中に入っている物を把握しているのに、引出しては戻す、その作業を無意識にしてしまう。それが無駄のように思えてきた。

「このボックス、必要だろうか?」

4つのボックスは、わざわざこの棚にピッタリサイズのものを探して買った物だった。

奥行きを無駄にせず、収納する物も考えて揃えた。

収納場所を有効に使えるものだから「収納用品」としての選択は間違っていない。

なぜだろう?という思いが強くて、改善方法が思いつかず、とりあえずボックスを全部出して洗って掃除してみた。

4つのボックスに入っている物を一端キッチンカウンターに全部出し、プラスチック製のボックス4つを洗って乾かす。

作業としては簡単なこと。

ボックスを乾かしている間に、食品をもう一度見直そうと思って、全部並べてみると、、、

あれ??

これだけしか入っていなかったの??

それが正直な感想だった。

4つのボックスを同時に引出すことは普段無い。

それぞれの区分にあった食品が種類が違うから、料理の際に一緒に探すことはあまりなかった。

普段からそんなに多くの食品を買い置きしている訳ではない。本来そんなにたっぷり入っている場所ではないのだ。

全部並べて見てみると、ボックスなんて必要ないのでは?と思えてきた。

それならやってみるのが1番早い。

ボックスはきれいに洗って乾いたけれど、それは使わず、食品だけを2つの棚に戻してみた。

和洋中、それなりの買い置きしかないけれど、一応もとの4つの区分は崩さずに、それぞれ端から置いてみた。

棚の中間に区切りはないけれど、区切りは必要ないとすぐ分かった。

ボックスを外したら、食品を入れても半分ぐらい空間ができてしまった。余裕を持って置いても全然平気だった。

なんだ、、、また私は無駄なことをしていたのだ。

空間を有効に使いたくて買い揃えた収納ボックス。

実はそれがあるために空間に余裕がなくなり、イライラや片付け疲れを感じさせられていたことになる。

1週間、ボックスなしでそのまま暮らしてみた。

全く困らなくいつも通り料理できた。

それどころか、買い置き食材を使うメニューを考えて生鮮食品も買うようになり、2つの棚はさらにスッキリしてきた。

気持ちがいい!

もう、元には戻れない、戻す気も起きない。

2週間目に4つのボックスを処分した。

片付け疲れ、もしかして自分が作っていませんか?

ここにボックスが4つ入っていたなんて、今となっては逆に「なぜだろう?」という気持ち。

2つの棚は、他人が見たら、無駄な空間が多い食品棚に思えるかもしれない。

でも、私にはこの状態が心地よい。

あんなに感じていたボックスを引出す時の何とも言えない「イラッとする気持ち」はもう無い。

忙しい時ほど感じたあの気持ち。

「片付け疲れ」は、自分が作ってしまっていた。

そういうことがあるのだ。

終わってみれば、単純なこと。

単純なことこそ、気づきにくい。

またしても、反省と発見と、そんな4月の始まり。

私の新学期は、やっと始まったようだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク