下着の数は減らしすぎない方がいい、と体調不良になって実感した

a1180_001115

小さな暮らしを目指していくと、もっと下着の数を減らしても大丈夫なのでは?と思いがち。

以前はそう考えていた時もあったけど、今は5セットで落ち着いている。

この時にも下着の数を増やした話を少し書いた??

片付けを続けていくと、ある日突然、 「もっとすっきり、物の数が最低限の暮らしをしたい!」という気持ちがどんどん強くなってくる。...

あの後、下着の数は減らしていない。

でも、減らさなくて良かったと先月思った。

それは、急な腰の痛みで数日家事が思うように出来なかった事で実感した。

実際に洗濯をしなかったのは丸3日だったのだが、夫と息子に私の下着まで洗ってとは頼めなかったのだ。

夫も仕事の多忙期。

深夜帰りで、朝も早く家を出る。

自分の事だけで精一杯。

さらに、

お年頃の息子には、なおのこと頼めなかった。

娘さんのいるご家庭なら平気な事も、我が家の場所は平気ではない事がある。

何とか家事が出来るようになり、自分の3日分を洗いながら、つくづく下着の枚数は減らし過ぎない方がいいと思った。

今回は入院などにはならなかったけれど、今後をいろいろ考えるとそう思った。

多すぎても、私は管理できない。

少な過ぎても、不測の時にうまくいかない。

自分合った下着の枚数。

地味な事だが、すごく大切。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク