梅雨で外出できない週末に、アクセサリーボックスを点検してみませんか?

stockvault-blue-necklace111522

梅雨に入って、気温変化もあり、上着を着たり脱いだり。

時々真夏のような日もあるから、洋服やアクセサリーも出したり戻したり。

先日、暑かった日の外出時に着けようとネックレスを手に取ると、眩し強い光の中で劣化を感じてしまった。

冬には気にならなかったアクセサリーの汚れや傷みが、夏の日差しのもとでは誤魔化せない。

ネックレスを2本処分することにした。

全てのアクセサリーを季節ごとに入れ替えている訳ではないから、自分では意外と劣化に気づき難い。

洋服もアクセサリーも、夏本番になる直前の今、一度見直しておこう。

アクセサリーのお手入れは、値段に関係なく必要だと思う。

高価なものは、磨くだけでも輝きが数段違う。

高価でない物が多いなら尚更だ。

暑い時期は汗もかきやすい。

アクセサリーにも負担がかかる。

毎回お手入れするのは、私には無理だけれど、季節の変わり目に見直しがてらお手入れすることはできそうだ。

アクセサリーは表情に動きや輝きを与えてくれる。

その人に似合っていれば、値段は関係ない。

「似合っている」という事が大切な事だと思う。

劣化したものが自分を魅力的に見せてくれることは無理だろう。

気に入るアクセサリーには意外と出会えない。

だから、ちょっとお手入れして安い物でも大切に使っている。

ネックレスを2本処分してみたら、欲しい形が浮かんできた。

私の夏服は、紺や青色が多い。

ポイントになるような、シルバーで少し長めで動きのあるデザイン、そんなネックレスがあったらすぐ活用できそうだ。

昨日、部屋着を買いに行ったお店で、偶然、素敵な1本に出会えた。

部屋着1枚と、ネックレス1本を買った。

ネックレスの本数は、実質減ってしまったけれど、この1本がそれをカバーしてくれるだろう。

雨で外出できない週末に、アクセサリーボックスを点検してみませんか?

意外な劣化を発見できるかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク