【真夏の5分片付け】下着の劣化をチェックする。見て見ぬ振りはいけません。

昨日はクローゼットを見て、何を思っただろうか?

今日は、「下着」をチェックする。

クローゼットの続きと思えば、わずか5分も億劫ではない。

夏旅や帰省に行った方は、その荷作りをする時に下着を改めて見たはず。

荷造りと荷解きで、何も違和感がなかったなら、多分問題ないと思うのだが、

その時に少しでも下着のことを考えたなら、再チェックする必要がある。

この夏、旅や帰省など宿泊を伴う外出がなかった方は、要注意!

早速、下着の引き出しを開けてみよう。

枚数を数える必要はない。

整理する必要もない。

ただ、そこに入っている下着を1つ1つ手に取って、状態を確認してほしい。

毎日身につけているのに、下着の劣化に気づかない場合が多いのだ。

本当におしゃれな人は、定期的に下着を買い換えていると思うけれど、女性全体の比率から考えたら、実はそういう人の方が少ないかもしれない。

案外、女性はファッションには敏感だけれど、下着には鈍感だ。

下着の劣化、本人は気づいている。

見て見ぬ振りをしていたりする。

買いに行くのが面倒だったり、

全部一気に買い換えるには意外に値が張ったり、

誰も気づかないから大丈夫とか、、、。

いえいえ、自分が一番分かっているはずだ。

下着の5分チェックは、夜ではなくて、明るい昼間にやってみよう。

夜は目も疲れているし、曖昧になりがち。

昼間の目で、下着の劣化をチェックしてほしい。

たとえ劣化していなくても、

身につける機会が減っている下着も見つけられるはず。

素材が合わなかったり、紐やワイヤーが肌に当たってキツく感じたり、

本人にしか分からない不具合は、確実に「不具合」だ。

不具合は、調整してあげないとドンドン増えていく。

私のようなアラフィフ世代の方は、この1年で体型の変化を感じている人も多いはず。

もう若い時のように、数日の食事制限で体型が戻るようなことはない。

加齢と重力の法則には逆らえないことを認めて先に進もう。

下着の劣化、今回は全体を把握するだけでいい。

急いで買いに行くこともないし、数を数えたり減らしたりする必要もない。

劣化を感じて手に取ったその下着を、次に身につけた時、その後身に着けていく時々に感じる「感覚」があるはずだ。

自分の感覚を信じよう。

不具合を見逃さない。

それこそ、片付けにはとても大切なポイント。

下着の劣化、見て見ぬ振りはいけません。

片付けも同じ。

そこへ繋がっていることを思い出そう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク