高校生のいるアラフィフ主婦の夏時間。改めて夏のスケジュールを確認しました。

※当ブログ記事にはプロモーションが含まれています

a0011_000267

 

この連休が終われば、今週終業式を迎える学校も多い。

お子さんがいるご家庭は、いよいよ夏休みのスタートだ。

 

子供が家にいる時間が増えると何かと忙しい。

お昼ごはんの事を考えるだけで、気が重くなる。

 

お子さんがいなくても夏はお仕事が休みになったり、休暇を取る方の代役をしたり、普段と違う期間に入ったと実感する時。

 

我が家も息子の部活スケジュールがやっと決まり、仕事のない日は車で練習場まで送迎の日々が始まる。

 

高校生でも、まだ夏休みの親の役割がある。
難しい年頃だ。

 

付かず離れず、距離を保ちながらも変化を見落とさないようにしたい。

 

昨今の同年代の事件事故の悲しいニュースを見る度にそう思う。

 

息子は、ちょうど反抗期が落ち着き、この夏は久しぶりに穏やかに暮らせそうだ。

 

夫も1週間の夏休みがある。

今年の夏休みは、早めに旅の予定も入れた。

 

7月後半から8月末までは、私の生活もだいぶ変わる。

手帳を持たない私のスケジュール管理は全てカレンダー。

 

梅雨明け前に「時間の整理」、手帳を持たない私のシンプル予定管理法
久しぶりの太陽は気持ちいい。 気持ちもクリアにしてくれる。 梅雨の肌寒さに、慣れてしまうと忘れてしまう梅雨明け後の強烈な暑さ。 猛暑が続けば、いろんな事がはかどらなくなる。 夏から秋の時間整理を、今のうちにしておこう。 特に秋以降のスケジュ...

 

家族の都合で予定も変わりやすい、7、8月。

 

昨日、改めてカレンダーをチェックした。

 

仕事の日は紫の枠
私の外出予定は水色の枠
学校の予定は赤い枠
予定のない日は何も塗られていない白い枠
これが私のカレンダーの基本色。

 

8月は、水色の枠は一つもない。

白い枠がいっぱいだ。

 

こうやって眺めてみると、とても気持ちいい。
白い枠は、私の心のゆとりの時間なのだ。

 

見ていて気持ち良くなり、

もうこれ以上、何の予定も入れたくなくなった。

 

部活送迎は天候などで時間も変化するので、カレンダーには書いていない。

 

本当は書いてないそのグレー枠が沢山あるのだけれど、不確定な事まで書いてしまうと気が重くなるからしていない。

 

そんなマイルールでもいいのではないかと思う。

 

夏の予定は、詰めすぎない方がいい。

心にも余裕を持っておこう。

 

猛暑をのりきるだけでも大変だ。

 

私はもう若くないので、無理すると、どこかで帳尻を合わせる事ができなくなっている。

 

秋に夏の疲れを持ち越してしまうのは避けたい。

秋は秋で大変なのだから。

 

少しの余裕が、夏を乗り切る余裕にもなる。

 

 

さあ、夏休みが始まる。

私はいつもよりペースダウンして暮らす夏だ。

 

アラフィフ世代は、心も体もバランスを崩しやすい。

若い時とは違う自己管理の難しさを実感中。

 

だからこの夏は、カレンダーの白い枠を多めに残して、体と心のバランスを上手に保ちつつ、家族時間も充実させたい。

 

夕暮れを楽しめるような夏にしたい。

ゆっくりな、夏時間

今を、大切に過ごしたい。

タイトルとURLをコピーしました