半年前の気持ちを覚えていますか?少し前を振り返る事で次へのパワーが湧いてくる。

a1200_000035

年末になると、1年の経過の速さに毎年驚いてしまう。

良かったと思う出来事もあったはずなのに、

「出来なかった」ことばかりが思い浮かぶ。

何とも言えない気持ち(喪失感や焦りなど)に気持ちもガクッと落ち込む人もいるかもしれない。

私は、1年を一気に思い返さず、半年で一度振り返ってみる事にしている。

半年遡ると、その時の気持ちもより鮮明に思い出せるのだ。

前回は、7月に振り返りを書いてみた。

7月に入り、今日で10日目。 年明けから数えて、190日が過ぎた事になる。 年を重ねると1年が早く感じるというのは本当だ...

半年前は、このブログに書いたような気持だったのだ。

この時は、まさか時短勤務という選択肢を提案してもらえるとは思っていなかった。

今秋から時短勤務に切り替えできたことで、

年始からずっと抱えていた「時間への焦り」は現在すっかり消えた。

この半年は、自分にとっても家族にとっても変化の時だった。

半年前は、その変化の兆候に気付く余裕はなかったけれど、

何か今までと違う流れになるような気がして、

「いろんな事を整理しなければいけない」

という思いが頭から離れなかったように思う。

時間への気持ちの変化のおかげで、この数か月は以前とは全く違う生活。

母親の気持ちと行動の変化を、子供はよく見ている。

何度か、ハッとさせられる言葉を息子から言われた(良い意味で)

それ位、半年前の自分には余裕がなかったのだと、あの時に行動して良かったと心から思う。

焦りを気持ちで抑え込み、改善策を模索していた半年前。

半年後の今は、せっかく変化した生活をより快適にしたいと思っている。

親族関係には、引き続き問題が多い。

それは、すぐ解決できることでもないし、私一人ではどうにもならない。

逃げられない大きなブレや波は、今後必ずやってくる。

でもそればかりを心配して暮らしていたら、今を大切に生きられない。

今は、気持ちも時間も、「備える時なのだ」と思う。

さあ、これから半年後はどんな思いで暮らしているだろうか?

半年後にまた振り返ろう。

今の気持ちを忘れずに、この半年も前向きに進めますように。

半年後は、何を思っていますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク