脱ぎにくいレインブーツ、やっぱり私には必要なかった。

a0960_006017

ワードローブの衣替えと一緒に、靴も少し入れ替えた。

数は増やしていないけれど、まだまだ改善の余地はある。

もっとスペースを空けておきたくなった。

防災用品の置き場分散も少し考え、玄関にも空間を作ろうと思い、昨日再び下駄箱とにらめっこ。

今回は、レインブーツを処分することにした。

スポンサーリンク

レインブーツを処分。使ってみなければ不要だと分からない事もある

レインブーツの事は去年の記事にも書いている。

昨日は、大雨の朝。 電車通勤に雨の日は辛い。 去年、初めてレインブーツを買った。 それまで、ロングブーツで...

レインブーツは、この2年で2足目だ。

履きつぶした訳ではなく、1足目が歩き難くて買い替えた。

街でおしゃれな人が多く履いている長いレインブーツならきっと履きやすいのだろうと考えて、2足目はもっと良い物を買った。

しかし、しかし、

購入後、1年以上経過して、わずか数回しか履いていない。

それは、

歩きやすいけれど、脱ぎにくくて大変だから。

レインブーツは、近年大雨が増えて通勤時に足元が濡れる事が多くなり買った。

それなのに、

雨の日にそのレインブーツを履いていくと、会社に着いてから脱ぐのに一苦労。

さらに、

会社に置き靴ができないため、社内で履きかえる靴も持参しなければならず、かえって雨の日の荷物が増えてしまった。

もっと困った事に、

朝は大雨だったのに帰りは晴れてしまう日。

レインブーツは雨よけにはいいけれど、晴天時の足には暑すぎる。

特にこの1年は足のむくみもひどい。

午後履くと、むくみで足の一部も当たるようになっていて、この半年は通勤だけでなく日常生活でもレインブーツを履かなくなった。

あれあれ?

なぜ、レインブーツが必要だったのだろう?

これでは本末転倒ではないか、、。

2年前、レインブーツを買う前は、無くてもなんとかなっていたのに。

大雪の日だって、革ブーツやスニーカーで濡れたけどなんとか凌げた。

通勤の日は、濡れても浸み込みにくいエナメルの靴を雨の日専用にしていた。

今月も通勤で2日間大雨があった。

レインブーツは履かず、歩いても滑りにくいバレエシューズに防水スプレーをかけて対応。

ストッキングは濡れたが、会社の空調ですぐ乾いてしまった。

レインブーツはその時点で、「もう履かないな、、」と思った。

それなのにすぐ処分できなかったのは、

「何かの時には、役に立つのではないか?」

という気持ちがあったから。

でも今回、地震の避難の様子などを見て、気持ちが変化した。

普段も「履きにくいと思っている靴」を緊急時にわざわざ選んで履こうとは思わないだろう。

簡単な答えなのに、随分遠回りしてしまった。

大きなレインブーツの箱を抜いて、空いた空間は意外に広かった。

脱ぎにくいレインブーツは、やはり私には必要ない。

もっと、厳しい目で持ち物を選択をしてこう。

「本当に必要な物」が、「不要な物」に紛れてしまわないように。

同じ場所を見る目線も、違う意識で見まわすと別の事も見えてくる。

物の整理や防災は、意識を変えて取り組む必要があると改めて思った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク