運転免許証の更新で気づいた「5年前の自分」と「今の自分」の違い

ELL96_cameratana1245500

先週、運転免許証の更新をした。

5年に1度の、新しい免許証。その中に新しい自分の写真がある。

次の更新までの5年間、その写真と付き合う事になる。

新しい免許証を受け取る時は、どう写っているかとても気になる。

運転免許証の写真撮影は、微妙に緊張する。

撮り直しがきかない、撮影タイミングは自分では測れない、思い通りに撮れない。

だから本当の自分が写し出される。

スポンサーリンク

免許証の写真「5年前の自分」と「今の自分」どちらも真実

免許センターで30分の講習を受けた後、新しい免許証を受け取った。

そこに写る自分の顔。

手元にある5年前の免許証と、すぐ見比べてみた。

それを見て、ちょっとホッとした。

映っていたのは、いつも鏡の中にいる自分だったから。

5年の月日は誰にでも平等だ。

5年前より確実に老けている。古い免許証の中にいる自分は、確かに今より若い。

でも、本当の自分ではない。

5年前の免許更新の後、写真に映る私を見て子供が言った言葉が今も忘れられない。

「お母さん、猫かぶってる」

意外と良く撮れたぞ、と思っていたから子供が意地悪を言っているのだと思って、それきりすっかり忘れていた。

先週新しい免許証を受取り、古い免許証と見比べた時にそのことを唐突に思い出した。

確かに5年前の自分は、猫かぶっていた

古い免許証の写真の私は、良い人そうに見える。

でも本当の自分ではない。無意識な作り物の顔だった。

子供はよく母親の表情と変化を見ているんだな、と思った。

5年経って、子供が正しい事がわかりドキリとした。

この時の自分はとても弱かった

人から誘われて断わる事が苦手で、本心を言えない人だった。

周りの人に合わせていれば、上手くいくと思っていた。

古い免許証の私はその通りの顔をしていた。

優しげで良い人そうに見えるけれど、中身は別人。

作り物の表情をしていた残念な人。

免許証の中にいる「本当の自分」から見えた課題と向き合う

そして、新しい免許証の中にいる自分は、

今の自分そのものだった。

5年前も、実は時々「鏡に映る顔」と「写真に写る顔」に違いがあるのは感じていた。

写真はそういうものかな、、と思って気にしていなかった。

でも、写真は正直。

現在の自分は素の状態。前みたいに、朗らかな表情はない。

無防備で、少し険しく、わずかに悲しげ。

今の自分が抱えているのもを、新しい免許証の写真で再認識させられた。

免許証の写真は、ありのままを写していた。

その中に、本当の自分がいる。

新しい免許証を見ていると、課題をもらったような気がしてきた。

課題に目を逸らさず、取り組む時期に来たと、写真が言っているように感じる。

判断が鈍ったら、免許証を見ようと思う。

その中に、本当の自分がいる。

本当の自分に、素直でありたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク