そろそろ夏の軌道修正。秋からの暮らしを少し変える事にしました。

a1180_010803

冷たいアイスコーヒーから、熱いホットコーヒーに。

気温の変化と共に、欲しい飲み物も自然に変わってきた。

季節の変化は、体が一番よく分かっているな、と今更ながらに思う日々。

長い長い、夏休み。

思い返せば短いけれど、今年もいろいろあった夏だった。

伸びきってしまったゴムのような生活に慣れてしまい、通常モードに戻すのは親子共々大変そうだ。

いつもの暮らしに戻るには、軌道修正が必要。

急ハンドルを切るのも、ちょっと仕方がないことだ。

私も秋からの生活を少し変えることにした。

スポンサーリンク

アラフィフ主婦、仕事と生活のバランスに悩んで答えを出しました

私も、秋から自分の生活を軌道修正することになった。

ずっと目の不調が続いたこともあり、勤務時間を減らすことにした。

これは、この10年で自分がした決断の大きな1つだ。

子供が小学校に入学してから始めた仕事。

最初は時短勤務だったが、子供成長と共に勤務時間を増やしていった。

この数年は、残業も沢山した。

帰宅が夜10時を超える日もあった。

それでも、何か役に立てればと、頑張ってみたけれど、

何故か反比例して、自分自身が感じる不具合が多くなっていった。

体の不調が多くなり、上手く家庭を回せない心の焦りがいつも重くのしかかっていた。

重圧という大きなものではない。

それは、自分で自分の弱い所を、広げてしまっているような、感覚だった。

3年前からは、生活の軌道修正の方法を模索し始めて、自宅での仕事も始めた。

辛い時に、余計な事を始めてしまったかも、、と思った時もあったが、今はそれをあの時始めておいて良かったと思う。

自宅での仕事の収入が、一定の目標に達したら、勤務の仕事は辞めよう、と心に誓い、3年は結果が付いてこなくても、頑張ってみようと思った。

そして、3年が経過して、

気づいたら、自宅での仕事が、今月その目標を達成していた。

勤務の仕事は、もっと減らしていこうと思っている。

だから、秋からは、夏前とは全く違う生活になる。

決断は難しくない。全ては「自分の気持ち次第」

この決断は、自分の中ではとても大きなことだった。

心が決まると、少しホッとした。

残業で夕食を作れない日もなくなる。

夜に自分の時間も作れる。

目の痛みで悩む事も減るだろう。

自分の中で、大きな決断だと思った事は、

実は自分の気持ち次第であったと今回気づいた。

重りを自分に乗せていたのは、自分だった。

自分で重くしてしまった物を、一生懸命持ち上げようとしていた。

なぜ、それに気付けなかったのだろう?

本当に、それが残念でならない。

でも、その重りは、もう無くなった。

自分で消し去る事ができた。

軌道修正は自分次第。

少しの勇気と、少しの決断力。

そして、実行に移す気力だけ。

今も、ゆっくりホットラテを飲みながら、PCに向っている。

この、写真のようだ。

秋は軌道修正し、新たな目標を立てて頑張ろうと思う。

重りを自分に乗せないように気を付けて。

それがこの10年で身にしみて分かったこと。

結局それしか分からなかったけど、私には大事な事だった。

さあ、来週から5時起き生活再スタート。

週末は、軌道修正の準備をしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク