片付けをできない日も焦らずに、どっと疲れが出た時は「早寝早起き」でエネチャージ!

a1180_006532

2週続いた学校役員の大切な任務も、無事終了!

全て、何事もなく終わったことの安堵感と、その期間の緊張がほぐれたせいか、昨夜は夜9時に寝てしまった。

少し、書類の整理をしておきたいな、と思っていたが疲れと眠さに勝てず。

たっぷり寝て、今朝はいつも通り5時に起床。

お弁当作りをしながら、家事もしつつ、夕食の仕込みも少し。

リビングも和室も、夫と息子が寝る時そのままになっていた。

新聞、上着、充電コードやイヤフォンがあちこちに点在。

パパッと片付けながら、体と頭がすっきりしてることを感じた。

やっぱり早く寝て良かった。

もっと日曜のうちにやっておきたい事はあったけれど、疲れた時は、すべてをシャットダウンして、休息に全力を注ぐ方が後の効率が良くなる、と思えた。

スポンサーリンク

一気に片付けても生活は急に変わらない。片付け後、生活スタイルの見直し出来ている?

片付けも、断捨離も、一気に片付けたら生活が変わる、と思いがち。

物を沢山捨てても、自分の生活スタイルを見直さなければ、うまく回らない。

ある程度、片付けたり処分したりを繰り返す事で、自分のクセやリズムも分かってくる。

体を動かせない時、時間を作れない時、それでも出来る事はたくさんある。

大きな家具を処分できなくても、期限切れのDMを1枚捨てる事はできる。

たとえ、何にも着手できなくても、頭の中で想像することはできる。

でも、本当に疲れていたら、ゆっくり休もう。

眠る事だけが、「休む」ことではない。

片付けや断捨離に行き詰まった時には、少し気持ちをそこから離してみる。

進んだから「行き詰まる」、進んでいなければそれさえ感じない。

進んだ事は、必ず意味がある。

少し距離を置いてみると、見えてくるものもある。

学校役員の任務も、次は3学期まで少しお休み。

ちょっと突っ走った10月だったから、11月はやりたい事もやっておきたい事もいっぱいあるけれど、体と心と相談しながらやっていこうと思っている。

昨日は、紙一枚も処分できなかったけど、それで良かったのだ。

ゆっくり寝て、今こうして気持ちがスッキリしている。

今日は、仕事から帰って息子が帰宅する前に、まず自分のために紅茶淹れて飲もう。

エネルギーは、そんな事でもチャージできる。

雨の月曜だけど、今日も出来る事を頑張ろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク