「ストック好きの夫」と「ストック嫌いの妻」の攻防戦と裏返して見えた気持ち

ELL84_shiboridashikukki-thumb-1000xauto-15692

私は、ストックを持つ事が苦手だ。

ストックはあれば便利と分かっていても、できない。

逆に、夫は「ストック好き

趣味なのか?と思うくらい、ストックに対して燃えている。

今日は、そんな真逆な我が家の「ストック攻防戦」の話である。

スポンサーリンク

「ストック好き」の夫と「ストック嫌い」の妻、折り合いの付け方

私が「ストック苦手」の理由は、いくつかある。

・買った事を忘れてしまう
・ストックにすべき物の底値を覚えられない
・棚いっぱいのストックを見ると息苦しく感じる

など、理由はまだまだ沢山ある。

でも、一番大きな理由を挙げるなら、

実母の影響」、、だと思う。

私の実母は、片付けが苦手な人だ。

ストックが必要になった時に、それをどこに仕舞ったか忘れていて、必ず「ストック探す大騒動」を始めた。

子供の時からそれに付き合わされていて、

「なぜ、この人は忘れてしまう物を買うのだろう??」

と子供ながらに不思議でしかたなかった。

ストックが必要度MAXの時には、いくら探しても出てきた事はなく、夕方近所の雑貨屋まで何度買物に走らされたか分からない。

その騒動が終わり、数日経過すると、必ずそのストックが発見されるという暮らしだった。

実母は現在も健在だが、たまに帰省しても同じことをしている。

そんな母に育てられ、ある意味反面教師となった事が、「ストック嫌い」の根本かもしれない。

一方、夫の「ストック好き」は半端ではない。

日用品から趣味の物まで「ストックのストックのストックをストックしていない」と不安だという。

一番酷かった「ストック買い」の思い出は、宅配で大きな段ボールいっぱいの「歯磨き粉」が届いた時だ。

まさに、開けてビックリ、玉手箱だった。

目がになった。本当に目は点になるのだ。

狭いマンションの限られた収納なのに、夫の買い集める「ストック専用エリア」がある。

長い時間をかけて、「ストック好き」の夫と「ストック嫌い」の妻が、折り合いをつけた結果、夫に場所を提供することにしたのだ。

ただし、その場所から溢れるようには買わない!という条件付き。

夫は、「ストック専用エリア」がとても気に入っている。

そこに、隙間が空いたら、すかさず次のストックを買ってきては詰め込んでいる。

言いたい事はいっぱいある。

でも、溢れ出すまでは、言わないようにしている。

相手もルールを守っているなら、私も見守るしかない。

そんな真逆の夫婦にも、ある出来事がきっかけで、雪解けの時がやってきた。

それは、、

「東日本大震災」

私の住む地域は、大きな被害はなかったが、その後の物流事情は皆さまもご存じの通りだと思う。

スーパーやドラッグストアは、開店前から長蛇の列が並ぶ異様な光景は、今も忘れられない。

そして、幸い私は、その列に並ぶことはなかった。

なぜなら、それは、夫の「ストック」のおかげだった。

乾電池、水、日用品、なんでも夫のストックエリアに用意されていた。

その量は、不安を取り去ってくれるには十分な量だった。

初めて、夫のストックに感謝した瞬間だった。

敵ながら、あっぱれであった。

私も潔く、負けを認めた。

その時、夫のストックする理由を初めてじっくり聞くことができた。

何かあった時に、この人(私)は息子を守れるのだろうか?

そういう思いが増幅して、ストックする意識がいつも強いそうだ。

話を聞いて、ちょっと反省した。

私のストック嫌いが、夫のストック好きに拍車をかけていたなんて思いもしなかった。

ちょっと反省したけれど、私は負けない。

なぜなら、その時の乾電池や電球は、今も使われずにストックエリアに残っているから。

でも今の所「ストックエリア」の縮小は考えていない。

そこの詰まっている物は、口数の少ない夫の「家族愛の表現」と思う事にしたからだ。

自分とは反対側にいる人が、けして敵とは限らない

一見真逆に見えたり、対立していまう事は、日常生活でも沢山ある。

双方の意見は、水と油のように、けして融合することはないように思える。

しかし、何かのきっかけで、その対立の原因や、意味する違いが分かる事もある。

自分とは反対側にいる人が、けしてとは限らない。

ある意味、自分と真逆に思える相手が、自分と似ている事もある。

まるで、自分の裏返し。

反対にはいるけれど、本当は自分かもしれない。

何か対立する意見と直面した時や、自分と逆方向に向かっている人が目について仕方ない時、私は我が家の「ストックエリア」を思い出す。

裏返してみたら、どうだろう?

そう思えたら、それでいいのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク