【真夏の5分片付け】もう一度、気になる場所に戻ってみよう。きっとそこが「片付けの入り口」

真夏の5分片付け、今までいろいろな場所を見つめ直してきた。

家という大きなボックスの中に、自分の物だけでも沢山あることに気づけただろうか?

今日はまとめとして、今までの項目をもう一度見てみよう。

「片付け」は、捨てたり処分したりする前に、現状把握が一番大切だ。

何か思うところがあって「片付け」をしているなら、まず自分の物を見つめ直してみよう。

自分の持ち物は、少ないと思っていても、集めてみれば多い。

家族の人数が多ければ多いほど、家にある各自の持ち物はお互いに紛れてしまい、総量として判別しにくくなっていく。

各自が個室を確保していたとしても、洗面所やリビングなど共有の場所にも進出しているはずだ。

家族の持ち物の多さにケチを付けるより、自分の持ち物を見つめ直すことが先。

今日は、もう一度、自分の持ち物の所在確認をして欲しい。

そして、少しだけ問いかけを変えてみる。

小さなものから大きなものまで、自分が家に持ち込んで来たものは、役割を果たしているだろうか?

所有したことで、安心してしまい、活用出来ないことを忘れていないだろうか?

過去の思いに囚われて、沢山の物を持ち続けていないだろうか?

この持ち物が自分の今を表しているとしたら、イメージと合っているだろうか?

問いかけの答えは出さなくていい。

ただただ、問いかけしながら家にある自分の物と向き合う。

見つめることで、1回目に眺めた時とは違う気持ちが湧いてくるかもしれない。

2回目に見たときに、1回目で感じたボンヤリした感情が鮮明になってくるかもしれない。

自分の持ち物だけに限定すると、感覚は磨きやすいのだ。

だから今回は「キッチン」は入れていない。

キッチンでそれを判断するのは難しい。

真夏の5分片付けを振り返ってみて、どの項目が心に残っているだろう?

きっとその場所が、これからの片付け本番への入り口だ。

気になる場所は、人それぞれ。

入り口も、沢山ある。

自分の入り口、見つけてみよう。

真夏の5分片付けの項目は下記。

あなたの気になる場所は、どこだろう?

【真夏の5分片付け】まとめ

(1)暑さに負けず続けていこう、真夏の片付けは「5分で出来る」ことを探してみる。

(2)携帯・スマホの中をチェックしてみよう。片付けられるものがいっぱい!

(3)その「ブックマーク」や「お気に入りフォルダ」、本当に使ってる??

(4)読まないメルマガ届いていませんか?会員登録も整理してみる。

(5)お財布の中身、いつでもスッキリしてますか?

(6)今日のバックにどんなアイテムを入れましたか?全部本当に必要ですか?

(7)モヤモヤした気持ちを、少し整理してみる。

(8)化粧ポーチのファンデーションや手鏡、曇ったり汚れたりしていませんか?

(9)秋からのスケジュールを確認してみる。忘れている予定ありませんか?

(10)クローゼットをじっと見つめてみる。捨てなくてもいい、減らさなくてもいい。

(11)下着の劣化をチェックする。見て見ぬ振りはいけません。

(12)バックを全部並べて眺めてみよう。1個づつ手に取って感じる事は何だろう?

(13)昨日履いた靴に不満はありませんでしたか?靴を見つめる時間を作る

(14)洗面所の引き出しや扉収納を開けてみよう。そこには「裏の自分」が見え隠れ

(15)リビングの表面に置かれた私物を集めてみる。自分の癖は「物」が教えてくれる。

(16)あなたの持ち物は家のどこに点在していますか?家全体の見えない収納を開けて「自分」を見つけてみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク