【真夏の5分片付け】洗面所の引き出しや扉収納を開けてみよう。そこには「裏の自分」が見え隠れ

真夏の5分片付けも、いよいよ後半戦。

8月末まで残り1週間を切った。

子供達も夏休みの宿題、最後の追い込みしているだろうか?

さあ、私達も夏の課題を頑張ろう。

今日は、「洗面所」

今まで自分の持ち物を把握する作業が中心だった。

いよいよ、家族共有の場所にも進出してみよう。

ただし、始める前に1つだけ大切な事を守って欲しい。

それは、「家族の物には手を付けず、そこに感情も持たないようにする」こと。

家族共有の場所は、公的なスペースだ。

今まで暗黙の了解のもと、いろんな物が置かれているはず。

不要な物に見える物でも、置いた家族の誰かにとって、それは必要なもの。

たとえ埃をかぶってずっとその場所に置かれていたとしても、処分したり感情を抱いてはいけない。

真夏の5分片付けは、自分の持ち物の把握と心の準備。

人の物に使っている時間はない。

家族の所有物や持ち物を見つけても、今回は断腸の思いでスルーして欲しい。

さあ、洗面所に移動して、少し作業をしてみよう。

洗面所は、毎日何度も使う場所。

掃除をしているのが自分なら、どんな状態であるかは分かっているはず。

毎日掃除を欠かさない人でも、洗面所収納をこまめに片付けている人は少ないかもしれない。

完璧に整って収納が完成された洗面所でないのなら、絶対改善の余地はある。

と、言っても「わずか5分」

短い時間を有効に使おう。

今日も捨てたり、減らしたりする必要はない。

ただひたすらに、その場所と向き合う。

最初に、すべての収納の扉を開けてみる。

扉収納、引き出し、棚に置いてあるバスケット、などなど。

その「ありのまま」の収納状態を見て、何を感じるだろう。

感じた正直な気持ちを、忘れないでほしい。

次に、そのありのままの状態の中に、自分の物を見つけてみる。

どの場所に、自分しか使わない物が、どんな状態で置いてあるのか?

分散されている?

きちっと整理されている?

もしかしたら、引き出し開けて、見るも無惨で嫌になるかもしれない。

家族の物と混在しすぎていて、自分の物だけを見つけにくいかもしれない。

この時点で、家族の物と自分の物がきちんとエリア分けされていて、7割程度の収納に落ちついているなら、たぶん急いで改善する必要はないと思う。

しかし、収納を全部開けて、自分の持ち物があちこちに点在していたり、ぎゅうぎゅう詰めになっていたら、改善必要のサインだ。

扉を全部開けて、見えた光景は、どうだろう?

どんな気持ちや感情が思い浮かぶだろう?

自分の持ち物の位置を確認できたら、それを目に焼き付けながら、1つづつ扉や引き出しを元に戻していく。

何も片付けていない。

そう、これも片付け。

人の目に触れるバックや靴や洋服は、ある意味で「表の自分」

でも、洗面所に収納されているものは、「裏の自分」

家族以外が目にすることの無い場所に、意外といろんな物が隠れている。

それは、物だけではなく、いろんな気持ちも見え隠れ。

隠しているつもりはなくても、洗面所の収納にはそういう物を入れて忘れがち。

目に付いたいろいろな物。

もう使っていないヘアケア用品、

いつか使おうと取ってある試供品やサンプル、

分離しかけたマニキュアや、中途半端に残ってそのままになっている美容液、

何本もあるヘアブラシや、前回いつ使ったのか思い出せないヘアゴムやピン。

上に列挙したのは、昨年の私の実例だ。

今は、何も捨てたり減らしたりしなくていい。

夏の片付けは、把握することが一番効果的。

すぐにでも物を捨てたり掃除をしたくなるかもしれない。

でも、汗だくで急に掃除をしても、継続性の面から考えると得策ではない。

この5分は、心にその「気持ちと光景」を焼き付ける時間。

隠していた物を見つけてしまえば、それは後に繋がる。

片付けたい衝動は抑えて、収納の扉を一つずつ元に戻していこう。

今の自分は、その扉の後ろ側に隠れている。

逃げないから大丈夫。

秋以降、じっくり対峙していこう。

来年の夏は、きっと違う洗面所になっている。

そのためにも、今日はじっくり5分、洗面所で「裏の自分」を探してみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク