会いたいなと思っている人に偶然バッタリ会える時、偶然が重なればそれは何かのサインになる。

偶然とは素晴らしい。

偶然がこんなに嬉しいものだとは知らなかった。

数秒違っていたらすれ違うことは無理だったし、家を出るタイミングが少しズレていただけでも本来会う事はなかっただろう。

そんな偶然の再会が最近続いて起きたのだ。

スポンサーリンク

「偶然」が教えてくれるお知らせやサインに気付いていますか?

本来この場所にいるはずのない人が、ある日見慣れた風景の中に突然現れた。

この場、この時、 同じ空間に一緒にいられる訳はない人。

誰にでもそんな相手はいると思う。

例えば週末の行きつけのスーパーの売場コーナーを曲がったら、正面にその人がいた。

例えば数ヶ月ぶりに家族で食事に行ったレストランで真後ろのテーブルに、その人かいた。

私もビックリしたが相手もとても驚いて、最初は現状把握できずにポカンとお互い凝視するだけ。

段々に理解できて我に返り、数年ぶりの再会を喜びあった。

数年前に「また会えるよね」とお別れしたまま、その後は自然消滅。

自宅がこの場所にあるなら戻ってくる事も期待できたけれど、そうではない場合に「さよなら」は本当のお別れになるパターンが多い。

今回はとても希なケースだった。

なぜこの時、この場所にいるのか、理由を聞いたらすごく納得した。

それぞれのご家庭には事情があり、いろんな理由、いろんな経緯。

お子さんの進学問題であったり、ご親族の問題であったり、、。

みんないろんな事情がある。

「戻ってきたよ」と簡単にメールできなかった理由を知ると、数年前に「さよなら」をして割り切ってしまっていた自分に対して後ろめたさも感じた。

「さようなら」をして、もう会えないだろうと思っていた人に会えた時、とても感じたことがある。

それは、今回偶然再会できた人達は最近私が「会いたいな」と思っていた人達とピッタリ一致していたこと。

今年に入ってから彼女達を思い出す機会が増えていた。全く異なる集まり事で知り合った相手だが、数年間楽しかった時を一緒に過ごした。転居をきっかけに「さよなら」してしまったことで私の中で「素敵な記憶」として気付かぬ内に大きくなっていた。

人間関係を整理して人に会う機会も自分から減らしてみたら、逆に忘れかけていたのに余計思い出すようになった人達でもあった。

偶然の再会後に改めて連絡先を交換し、後日それぞれとゆっくり会うこともできた。

会いたいと思っていた人に会える時、不思議なタイミングはどこから来るのだろう?

何かのお知らせやサインのようなものだろうか?

私の場合は、気持ちが定まって新しい方向に進み始めた時に似たような事が続けて起こる気がする。

お知らせやサインを受け取るのにはパワーも必要。

弱っている時では受け取りにくい。

例えサインを受け取ったとしても、弱いがために気づかないことさえある。

全く予想していなかった今回の再会続きに感謝し、感じることも多かった。

私はこの1年人との交流を減らすようにしていたけれど、少し方向性が変わりそうな予感も感じた。

会いたいなと思う人に偶然バッタリ出会えた時の、あの感覚を覚えておこう。

タイミングは偶然ではない。

お知らせやサイン、気付くことができるのは自分だけ。

気付けたなら、無駄するのは勿体ない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク